不妊治療への備えとしての卵子凍結

不妊治療に関しては、最近、少子化と晩婚化の関係から身近な事となっています。
女性も仕事を永く続けられる環境だったり、結婚しても夫婦共働きが可能だったり、または、結婚へのタイミングが遅くなったりと、様々な理由で出産年齢が徐々に遅くなってきています。
結婚年齢が遅くなっても、体の機能は変わりませんので、必然と妊娠や出産に関して良い時期を逃してしまいます。
不妊治療には、女性や男性の機能自体を高める事や、受精に関してタイミングを計ったり、または、人工授精など、年齢や妊娠機能に合わせて段階があります。
しかし、卵子や精子の質自体について、最近では年齢と共に変化する事が知られていますので、遺伝的な要因など胎児への成長の負担を少なくするうえでも、特に母体が若く女性機能が元気な時に若い卵子での受精が理想的と言われています。
そのため、卵子をそのまま保存できる卵子凍結方法が推進されています。
卵子凍結によって、タイミングに合わせて妊娠、出産ができます。
そして、受精時よりも若い卵子ですので、特に出産適齢期を超えた年齢の場合の妊娠や出産をされる方に、推奨されています。
卵子凍結は、専門の機関で行われ、卵子採取にもタイミングが必要ですので、情報をあらかじめ収集してから計画する事をお勧めします。