夜につけて眠るコンタクトレンズならオルソケラトロジー

コンタクトレンズを愛用している人なら、一度や二度はゴミや埃が目に入ったり、ずれたりして痛い思いをしたことがあるでしょう。
いつの間にかコンタクトをつけるのが当たり前になったものの、それがゆえに裸眼で過ごしたいという思いも強くなっていくのではないでしょうか。
レーシックという画期的な近視治療方法が登場したとはいえ、やはり恐怖感が強いこともあってなかなか踏み切れないという人も多いと思われます。
そんな近視の人たちが一つの治療方法として知ったら、興味を持たざるを得ないものがあります。
それが、オルソケラトロジーです。
コンタクトを装着するという意味では、すでにコンタクトを使っている人には新鮮味は全くないでしょうが、それでも眠るときにつけて、朝になったら外すといわれれば、おやっと思うのではないでしょうか。
夜間に装着することによって、昼間の活動時に比べ、埃やごみが入って痛くなったり、瞬きなどでずれる確率を低くすることができますし、独特の形状のコンタクトが角膜をクセ付けますので、取り外したあとも正常な屈折状態が保持されています。
そのため、昼間を裸眼で過ごせるという夢のような状態にもっていくことができるとなれば、興味がわくのも無理はありません。