仕事の楽しみはどのようなところにあるのか

本郷 智祥は不動産の営業マン一筋で20年やってきました。その中でやはり仕事の楽しみとしては、自分の手掛けた契約が成立することです。競合他社がたくさんある中で、マイホームという一生に一度の買い物をしてもらうには、信頼される営業マンになります。自分が信頼されてその物件を購入に至った時に喜びを感じます。

本郷 智祥の仕事上の喜びとしてはそれだけではありません。最近では、管理職として部下の目標達成や部下からの信頼などを得られたときに喜びを感じます。もともと、プレイングマネージャーですから自分の成績を上げることだけでなく部下の育成もしなければなりません。負担に思う人も多いですが、本郷 智祥は猛烈社員ではありませんので、何事もよいように適度に力を抜きながらも締めるところはしめてやっています。成果だけを追うと疲弊してしまうからです。そういった緩急のつけ方を理解してくれる同志に出会うことも、本郷 智祥にとってはこれまた喜びです。