交通事故の慰謝料相談は専門家に相談

交通事故の損害賠償を考えたとき、請求できる内容は何でしょうか。
治療費、通院交通費は、原則的に認められません。
症状固定が堺となり、こういった治療に関する損害が認められないのです。
損害賠償の基準は、大きく3つの基準があります。
自賠責保険の基準と、任意保険の基準、そして裁判の基準です。
自賠責保険の基準を低とすると、裁判所の基準の請求額は高になります。
その基準をベースにするかによって、賠償金額は全く違う数字になってくるのです。
保健会社の提示を、保険のプロの言うことだから、と疑問を持つことなくサインをするのは、一旦ストップしたほうが良いでしょう。
保険会社の損害賠償額は適正でないことがあります。
裁判所の基準と照らしあわせてみると、それより低い金額での提示というのは、よくあることなのです。
相応の金額を慰謝料として受け取るためにも、3つの損害賠償の基準を理解しておくとこは、大切になってきます。
車を所有するのに必須加入なのが、自賠責保険です。
任意保険は、任意での加入となります。
裁判所の基準は、他の基準に比べても、1番高額となります。
交通事故の被害者になったら、法律の専門家に相談するのがいいでしょう。
丸の内ソレイユ法律事務所では、無料相談を行っています。