昆虫や動物、植物などに大きな影響力のある復活の糖とは?

自然界の中には「復活の糖」と呼ばれる栄養成分があります。
砂漠に生息しているクマムシであったりイワヒバなどは水分の無い砂漠で数年も干からびてしまった状態でも、水分をほんの一滴与えるだけで行き返り直ぐに歩き始めます。
これはクマムシやイワヒバの体内にあるトレハロースの活躍による物なのです。
トレハロースは、植物だけでなく動物や昆虫などの体内などに含まれている成分です。

最近ではビール酵母であったりキノコ類、パン酵母などにも多く含まれていることがわかっています。
トレハロースは、細胞を乾燥や凍結から守る働きがあります。
そのため、過酷な環境で棲息している昆虫や植物などの体内には、大量のトレハロースがある事がわかってきています。
寒冷地や砂漠地帯など非常に生きていくのに過酷な環境下では、必要に応じて体内に溜めこんだトレハロースをブドウ糖に還元する事によってエネルギーに変える事によって、生きる力を得ているのです。