決済システムとして優れたビットコイン

ビットコインには小数点があります。
最小単位が1BTCではありません。
それは日本円の補助単位として銭があるようなものだと考えれば分かりやすいでしょう。
では、最小単位はどれくらいになるのかというと、これは1億分の1BTCになります。
この最小単位をSatoshiと呼びます。
これは開発者の名前からとったものです。
現在のところ、送金できる最小単位は5,460Satoshiとなっていて、それ未満はDustとして扱われます。
この最小単位は1円から2円くらいの間ですから、少額の資金を送金するのにも適しています。
このような少額の送金が無料でできるのは大きなメリットだと考えられます。
例えば、銀行で送金をする場合には振込手数料がかかります。
少額の送金では手数料の割合が大きくなりすぎです。
海外に送金をする場合にはさらに負担が大きくなります。
現実の通貨は手数料の負担が大きすぎるために、少額の送金には適していないのが現状です。
ビットコインが優れている点はこの部分で、送金をするために何らかの手数料が必要になることはありません。
インターネットに接続されている端末にならいつでも送金が可能です。
ローコストの決済システムとしては非常に優れています。
http://xn--eck3a9bu7cul.pw/