後遺症害は異議申し立てをすることができます

交通事故の被害に遭ってしまったあと治療を受けたものの、それ以上の改善が望めなくなった状態、つまり症状固定となって後遺障害の認定を受ける形になります。
後遺障害の認定の申請を行なった結果、後遺障害と認定されればその等級に応じて逸失利益や後遺障害慰謝料などの請求を行なうことができます。
しかし、後遺障害と認定されない非該当とされてしまう、または認定されはしたものの、等級が自分で考えていたものより低いといった具合に、後遺障害等級について不服が生じることがあります。
この場合には、諦めるしかないというわけではなく、保険会社を相手に異議申立書を出すことにより、異議申し立てをすることが可能です。

しかし、これは被害者本人が行なうのはハードルが高いです。
改めて医学的な資料の収集をするなど、専門的な知識や経験がある人でなければ困難なことばかりです。
よって、仮に被害者自身で異議申し立てを行なったところで、等級が上がる確率は低いというのが実際のところです。
交通事故賠償金算定センター(http://baishoukin.com/)では、異議申し立てを行なったことで、後遺症害の等級が、示談金が変わった多くの実績を残している法律事務所に相談可能ですので、ぜひチェックしてみてください。